チャームポイント
ぽんず嬢のチャームポイント。

チャームポイント


左の後ろ足の爪が、1本だけ白い。


先月1度獣医さんで爪切りをして貰ったが。
怖がって散歩距離がなかなか伸びず爪も削れないので、そろそろまた切らなければならない気がする。

タムも爪が全部黒くて、自分で切るのが本当に怖かった。
ぽんずの場合、この1本だけ白い爪を光に透かせば、血管の位置が分かるかもしれない。
それを目安に切るべきだろうか…。

今、攻撃性が全く無く、体のどこでも触れる状態のぽんず。
しかしもし深爪なんかしようモノなら、それも無くなるかもしれない。

それを考えると二の足を踏んでしまう。
ああ、どうしよう。

【2018/02/19 22:16】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
試されている
ここ最近、急速に環境に慣れてきた様子のぽんず。
我が家が自分の家だと思い始めたのか、ゲージの外にもそこそこ頻繁に出て、好きなおやつなら自分から取りに来るようになった。

よし。
そろそろお座りあたりを教えてみよう。
そう思い立って、ゆうべ犬チーズでお座りにトライ。

目の前にチーズを持って行って、食べたそうに顔を近づけたら鼻先より高くチーズを持ち上げて、腰を下ろすのを待つ。
座ったら「お座り」と声をかけて、誉めて、チーズを食べさせる。

これを3~4回繰り返して、初めての「お座り」練習は終了。
もちろんまだ理解はしていないだろうし根気強く繰り返そう。
そう思っていたのだが。

今朝起きてから、ぽんずがなんだかやたらと座る(笑)。
しかも私やおかんの顔を見ながら。



…。




「座る = おやつ」。
この図式を早くも理解したらしい雰囲気。
ヤダ、やっぱりうちの子天才なんじゃない?

いやでも、ちょっと意味合いが違うんだけど。
言われてから座ってくれないと、おやつは無いんだよ。

という事をちゃんと教えられるのか、ここから私の頭脳が試されている。
そんな気がする。

【2018/02/14 21:24】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
40日
ぽんず嬢が我が家に来て、およそ40日。
引き続き人馴れと外慣れを訓練中だが。

今日仕事から帰ったら、下がったままとは言え、初めてしっぽを振られた。
そして初めて、自分の足で歩いて玄関から散歩に出た。

お布団大好き


人を怖がるくせに夜は布団に潜り込むのが大好きで、時折お股を枕に寝ようとするぐらい密着。
はたまた横になって目を閉じていると、鼻先1mmまで顔を接近させて匂いを嗅いだかと思うと突然その場から飛び退る、何ソレ根性試しなの?的な遊びを繰り返す。
子犬特有のイタズラはほとんどしないけど、どうやらスリッパだけはおもちゃにしたいらしい。
つーかおそらく足の匂いフェチだ。

タムが同じ月齢だった頃は甘噛みとジャレつきが凄くて、傷だらけの血だらけだった記憶が有るのだが。
ぽんずが来てから、痛い思いをした事は1度も無い。
子犬ではなく老犬が居るのかと錯覚するぐらい。



40日経って、分かったのはナゾだらけのぽんずの性格。
そして改めて感じる、犬と暮らす幸せ。

大切に、大切にしなければ。

【2018/02/09 23:18】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日の出来事
一月三十日、晴れ。
バレンタインが近いからだと、分かっていたのに。

ぐりです。

続きを読む
【2018/01/30 21:56】 洋裁 | トラックバック(0) | コメント(0) |
むしろ懐かしい
ただ今人馴れ修行中のぽんずは、同時進行で外慣れにも挑戦中。
とは言えいきなり散歩が出来る状態ではなく、外に出てもただただ固まってしまうのみ。

でも、おそらく成犬時にはタムよりも大きい15㎏前後の中型犬予想のぽんず嬢には、この先散歩をする事は相当大事な事なので。
ここしばらくまずは数分程度、抱いて歩いて外の様子を見せている。

しかしこれが、ぽんず嬢にはまだかなりの恐怖らしい。
初日は抱いている間ずっと震えが止まらず、2日目はリードを見ただけでおしっこを漏らした。

かと言って結局は慣れるしかないだろうし。
諦めずに少しずつ続けるしかない。

そして今日。
リードを持って近づいた私に、まだワンという声を発した事すらないぽんずが、初めて短く唸った。

うん、でも、ごめん、ぽんず。
キミの前に居たタム兄さんは、もっと迫力のガルガルが当たり前だったから。
なんならちょっと懐かしいぐらいで、威嚇としては大失敗。

さて。
ぽんず嬢はこの先どんな大人になるんだろうか。

タム兄さんほど凶暴じゃないと、助かるけど(^_^;)


【2018/01/28 21:35】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
背に腹は代えられない、という事か。
今季一番の寒波だという、日本列島。
ここ京都でも凍える寒さ。

という事で。
人への恐怖心からか、基本夜間のみ活発に動き、人の動く気配を感じると即ハウスのぽんずだが。
少し前から、何故か寝る時だけ隣で寝る私の布団に上って来て添い寝をし、朝になって電気を点けると、一目散にゲージへと帰って行く。

が、今日は。
あまりの寒さの為か、朝しばらく経ってからもしばし布団の中。

寒さには勝てない


相変わらず人は怖いが。
背に腹は代えられない、という事か。


【2018/01/26 23:29】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
3週間
仕事から家に帰ると、ぽんずはだいたいこんな顔でキャリーの中。

いつもの顔


もちろん尻尾を振るどころか、立ち上がる事も無い。
正直歓迎されている様子は皆無。

でもそれが恐ろしく可愛いのだ。
だってウチの子だもん。

【2018/01/19 22:03】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ハッピーえびせん
大好物のかっぱえびせん紀州の梅味。
何気なく買って帰って見たら、「出たらハッピーはなびらえびせん」と書いてある。


はなびら


↑出た。

しかも一番最初に、ふたつまとめて。
そしてひとつは速攻でおかんが食べた。

「ラッキー」ではなく「ハッピー」なので。
どの袋にも一定数入っているのか?

何にしても。
梅味は期間限定でなく通年販売するべきだと思う。

カルビーさん、お願い。

【2018/01/19 21:48】 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
正夢だった
ぽんずを連れて獣医さんへ。
ワクチンは終わっているものの、念のための検便と簡単な健康診断、そして爪切り。
あとはこの先の狂犬病の注射など、スケジュールを聞かねばなるまい。

しかし。
超絶ビビりのぽんず、タムと同様獣医さんで落ち着いていられるワケがなかろう。

という事で。
おもらし対策の為、大量のタオル、ペットシーツ、ビニール袋を用意して獣医さんへ向かう。

幸い獣医さんには私達だけ。
震えるぽんずを診察台へ。

その直後。
持参したアイテムを用意する間も無く、ぽんずはウ○コの体勢へ。



まずい!!!!!




そう思った私は、咄嗟に素手でもりもりウ○コを見事キャッチ。




あれ?
なんだかデジャヴ。


そう言えば2年ぐらい前、タムとの散歩でほかほかウ○コを素手に受けるを見たっけ。
こんな形で正夢になるとは!!!!!

でも診察台汚さなかったし。
看護師さんには軽く引かれたと思うけど、なんかアタシ頑張った。


そう思った瞬間。
ぽんず、大量のおしっこ。





あかーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!






あの時の夢には、おしっこまでは出てこなかった。

というワケで。
初めての獣医さんは、夢以上で、でも予想通りの大惨事だった。

【2018/01/09 21:03】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日のぽんず
引き続き、起きている時は基本的に警戒心全開。

警戒中


でもゆうべは、寝ようと思って部屋の電気を消した途端、開けていたゲージから速攻出て来て暗闇の中を探険していたから、
それなりに進歩はしている予感。

まだまだこれから


うん、それなりに。


【2018/01/07 21:06】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ